もち投げ

もちなげ

先日棟上げを行った際、お施主さまの希望でもち投げを行いました。
由来は、上棟式(建前)などで災いを払うために行われた神事で、散餅の儀(もしくは散餅銭の儀)が発展的に広まったものだそうです。
神社での祭事においても餅まきは行われるようになったみたいですね。

最近では近所付き合いが希薄になり餅投げをすることは少なくなったようですが、地域によっては現在でも頻繁に行われるようですね。

弊社ではお施主さんの希望がある場合だけやってます。